女性限定
オンライン開催


ゆるんで繋がる

ONAKA(おなか)
メディテーション


簡単なセルフ腸マッサージと
瞑想で

自分のコアと繋がる15分間
& おはなし会




毎週(水)(土)
  • 9:00〜9:15
    ONAKAメディテーション
  • 9:20〜9:50
    おはなし会(自由参加)



コロナ感染症対策によって
私たちは様々な場面で
窮屈さや鬱屈さを感じてきました。


以前より、

  • イライラすることが多くなった
  • 食べる量が増えてしまった
  • わけもなく不安を感じている
  • 神経質になってしまった
  • なんとなく体調がすぐれない

そんな自分に気づくことはありませんか?




そして、実は、お腹の調子
気になってはいないでしょうか?


  • お腹が出てきてしまった
  • スムーズな排便がない
  • 張っている(ガスが溜まりやすい)

など、


どうも巡りが良くない
という感じはありませんか?





私たちの体は
感情の反応が常に伴うものです。


ストレスはお腹にも影響しているのです。



そして、それは
さらにストレスを生む、という
悪循環を起こしてしまいます。



なぜなら、

腸の働きが悪くなることで
「幸せホルモン」と言われる物質
分泌にも影響するからです。


体内で分泌される95%は
小腸で分泌されているのです。


感情のコントロールには、
安定した腸の働き(消化吸収)
が必要なのです。





私たちの生命の始まり
まず腸から作られます。


生きるための
必要最低限のものが備わっている
といえる腸について

普段は意識せずにいると思います。




飲んだり、食べたり
感情さえも

ただ受け止めてくれている
腸(おなか)に感謝しながら


そして、生命の源を意識して
今ここにいる自分に集中する



そんな時間を習慣化することで

ストレスを上手く流せる自分
なっていきましょう!

朝15分の
セルフ腸マッサージと
瞑想

余白(40px)

①セルフ腸マッサージで
おなかを緩める


腸マッサージは着衣のまま、
寝た状態で行います。

小腸、大腸をやさしく刺激しながら、
巡りを促します。

その日のお腹はどんな様子でしょう?

硬い、張りがある、弱々しい、
部分的に痛みがある…など、

触れて感じた感覚は、
あなたのココロ模様かもしれません。

自分のおなかに
そっと向き合うことができます。
余白(40px)

②寝たまま瞑想で
コアと繋がる


腸マッサージの後は、
横になったまま瞑想します。

頭を静めて、
自分の中心(コア)に繋がります。
余白(40px)

おはなしタイムで
気持ちの整理

余白(40px)

③話して手放す


《自由参加》

腸マッサージと瞑想の後は、
30分のおしゃべりタイム


「ちょっと聞いて〜」
というモヤモヤを

トイロキャラ分析
楽しく解消しましょう!
余白(80px)

参加者募集中
(女性のみ)


開催日 毎週水曜日土曜日を合わせて
月8回開催
します。

水曜日だけ、土曜日だけ、どちらか出られる日、など自由にお選びください。
時間 ①腸マッサージ&瞑想:15分間
②おはなし会(自由参加):30分間
会場 オンライン(Zoom)
参加費 3,000円(税込)
お支払い方法:振り込み・PayPay

※初回お試し無料参加が可能です。
「お試し希望」と下の申し込みフォームにお書きください。
連絡方法 ONAKAメディテーションの公式LINE
友だち登録をしていただきます


ZoomURLなどのお知らせは
LINEでいたします。
インストラクター 腸セラピスト
ミッションメンタリング協会認定トレーナー

山口和子
ご注意
  • 1年以内に腹部の手術をされた方、妊娠、出産された方、精神科での治療をされている方は、参加をお断りしております。

  • 生理中でも腸マッサージは可能ですが、一時的に出血量が増えることがございます。

  • 食事は腸マッサージの前後1時間は避けてください。水分は積極的に摂ってください。


  • 仰向けになれる環境(ヨガマット、布団、ベッド、など)でご参加いただきます。

  • 服装はTシャツ、レギンスなど、動きやすく、腹部に触りやすいものを着用いただきます。

会場 オンライン(Zoom)


ONAKA
不安になった時
イライラした時
悲しくなった時
帰る場所はここ



お客様の声

おなか大事って、わかってるけど、ストレスに負けない力はおなかから、ウィルスに負けない免疫力も、おなかからってわかってるけど、なかなか、お腹のマッサージ続かなかったのです。でも、かずさんが待ってくれてると思うと続けられたんです。

優しい声でゆったりと、深呼吸すると、ああ、良かった〜、ありがとうって思いが溢れてきて、毎回とても幸せな気分になります。

簡単なマッサージを続けたおかげで、最近は、夜、ぐっすり眠れて、朝から元気になってるんです。もちろん、お通じも快調です!
かずさんこれからもよろしくお願いします。

お申し込みフォーム

参加のお申し込みは
こちらのフォームからお願いします。
折り返しご連絡差し上げます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信




山口和子

◇ミッションメンタリング協会副理事
◇ミッションメンタリング®認定マスター
◇ミッションメンタリング®︎認定「らしトレ」トレーナー
◇アドラー流メンタルトレーナー
◇コアクリーニングさろん「うたたね」代表
◇東洋運命学カウンセラー&コーチ
◇腸セラピスト
◇アクセスバーズ®プラクティショナー
私が「腸」に注目し始めたのは、約10年前です。
知人のすすめで一週間のファスティングをしました。
固形物を入れずに過ごすことで、腸内のお掃除をします。
始めると、頭痛がしたりだるくなったりと好転反応が出ましたが、4、5日過ぎる頃、不思議な感覚を感じるようになりました。
食事を摂らないこと以外は、特にいつもと変わらず過ごしていましたが、気分が “ほんわか” しているのです。
「あれ?なんだろうこの気持ちは?」
ハイになったわけではありません。逆に落ち着いています。
「ああ、本当は、人間が常にもつ感情はこれなんじゃないかな」私はそう思いました。
言葉にするなら“幸せ”。
でも、なぜ、そうでない感情も感じてしまうのだろう。
腸は消化吸収の機能だけではない何か役割を掌っているのかもしれない。
そんな探究心から、私は「腸セラピー」を学びました。
その後、腸セラピストとしてクライアントさんのお腹に触れてきました。
お腹も十人十色です。いつも我慢している人は便秘気味、怒りがちな人のお腹は前に張っている、そんなお腹の様子を感じながらマッサージをして、おなかを緩めてきました。
マッサージ後は、お腹も体全体も温かく感じ、気持ちも緩んだと仰っていただきました。
ただ、この腸マッサージは毎日やっても良いくらいなんです。毎日食事をしますしね。
でも毎日のご来店は難しいものです。
お腹は自分でも触ることができる場所です。腸マッサージも難しいものではありません。
なので、ご自分でマッサージをする習慣を身につけていただきたいな、という気持ちでセルフ腸マッサージをお勧めしています。